新生活@姫島村

新人研修中

早いもので、姫島村へ来てから1ヶ月半が経ち、研修も折り返し地点まで来ました。 研修ではRubyRails、そしてそれと関係するインフラ知識やGitの扱い方について学習しています。 が、正直まだ一人前に仕事ができるレベルには程遠いです。(というか、そんなレベルに到達できるのか?w)

とはいえ、上司にも恵まれ(今の所は)ストレスなく研修を行うことができていると思います。

そんなことよりもこの記事の題名にある通り、本記事では姫島村での生活について紹介しようと思います。

姫島村での生活

そもそも姫島ってどこ?

姫島村は、東国東郡に属する唯一の自治体で国東半島の先端部から数キロ離れた場所にある離島の自治体です。 アクセスはJR宇佐駅から路線バスで約1時間20分かけて伊美港まで行き、そこからフェリーで約20分という、車を所有してない人にとっては秘境といっても過言ではないほどの悪さです。

しかしその分、海に囲まれ自然豊かな土地であることは間違いないです。

f:id:yeongjo:20180518195905j:plain

見よ!この透き通った海水!

f:id:yeongjo:20180518200621j:plain

達磨山(標高100mちょっと)の山頂付近から撮影した姫島村中心地。かなりコンパクトです。(ポジティブ)

んで、どんな生活をしているん?

当たり前ですが、平日は仕事であまり特別なことはできません。 ただ、島の勤務時間は朝8時から夕方5時までがデフォルトで、会社もその時間に勤務時間を合わせいるので、 仕事終わりに釣りに行ったり、フットサルをしたりすることもあります。

ちなみに島にコンビニはありません。 スーパーが2軒あるのみで、どちらも夕方6時30分には閉店します。 かなり不便ですが、必要なものをまとめて買うことを心がければ案外慣れます(笑)

食事は基本的には自炊です。 25年間実家で生活していたので料理が面倒に感じる時もありますが、今の所生きているので大丈夫です。 そして、ありがたいことに島で知り合った方々が食べ物を差し入れてくれます。 まだ1ヶ月半しか生活していないですが、もう数え切れないくらいです。 本当にありがたいです。しかも豪華!

鯛を頂いた時は、鯛めしを炊いたり

f:id:yeongjo:20180518203132j:plain

刺身にして食べたり(手前は穴子の刺身)、

f:id:yeongjo:20180518203306j:plain

ハモを頂いた時は、唐揚げにしたり

f:id:yeongjo:20180518203521j:plain

湯引きにしたり

f:id:yeongjo:20180518203548j:plain

とにかく豪華な差し入れを頂いています。 (もはやお金のかからない食事ほど豪華。)

休日は、島の外に出ることもありますが基本的に島内でゆったり過ごしています。 最近の楽しみは島内唯一の温泉である拍子水温泉へ行くこと。

泉質も好きですが、浴室の窓を開けた時の風景が最高で土日で予定のない日はほぼ毎日行っています。

あとは島の中をのんびり散歩したりしてます。

f:id:yeongjo:20180518204416j:plain

お気に入りの風景。(姫島港前)

あと1ヶ月半

というような感じでのんびりと生活しています。 今の環境で一生は暮らせないですが(笑)、仕事や勉強をする環境としてこれ以上のものはないと日々実感しています。(島の人や上司に感謝。) あと1ヶ月半の島生活を充実したものにするために、仕事以外でも色々なものにトライしていければと思います! (今月は国東半島を開拓してみたいなと密かに思っています!)

Tschüss